家族ということば

가족이라는 말 2007.1月号から

家族ということば

私はヨンインにあるエバーランドで働いています。
何日か前のお客様が多かった週末のことでした。体がすこし不便に見える子どもが一人で歩き回っていました。私たちの遊園地では体が不便なお客様が優先して搭乗出来るためその子に近づいていき尋ねました。
「名前は?」「チヨンです」「チヨン,両親はどこにいらっしゃるの?姉さんが先に乗せてあげるね」
そしたらチヨンはもそもそして「お母さんとお父さんはいないよ,おばあさんと来たけどおばあさんが疲れたって,姉さんだけど先に乗れるの?」こんな風に聞くではあるまいか。
しまった,遊園地には当然(普通)両親と一緒に来るという考えで聞いてたことが恥ずかしかった。心配するチヨンを遊園機具に乗せてあげて,チヨンと一緒に近くに座っていらっしゃった近づいて行った。チヨンの保護者でいらっしゃるか伺って見たのですがさっきのチヨンのように返事にお困りのようだった。「この子はひとりで暮らしているよ。まだ小さいのに」
おばあさんの話をもう少し聞いてみると今年14歳のチヨンはおばあさんの隣にひとりで住んでいて遊園地に行くことが希望だったのでボランテアの人がくれて行ったチケットで一緒に来ることになったということでした。2年前に足が不自由なチヨンを置いて家を出ていってしまった両親はボランテアがどんなに探し回っても見つけることが出来なかったということです。
足がすこし不自由なことを除いてはその同じ年頃の普通の子ども達と違うことがないチヨンなんだけど。
「この子は私の家族だよ。血がつながってはいないけどごはん1食を共に食べることが家族ではないかな?」たぶん保護者云々でチヨンと一緒に乗らなければならないということが胸に宿っていたのかとおばあさんは最後にそのようなお言葉を話されましたそうしてみかんひとつ私の手にくれてチヨンと一緒に離れて行きました。
その日,チヨンとおばあさんを通じて「家族」という言葉をもう一度繰り返してみました。私たちは父と母と一緒に描かれた姿だけを家族だと考えている間違いを犯していなのではないか。
家族の構成員は「食口」と言っていなかったか。直訳すれば食べ物を分けて一緒に食べる口という意味のこの単語がなぜそのように考え出されたのか?たとえチヨンとはたくさんの話をできなかったけれどとても暖かな子どもだと言うことを感じることができました。
「チヨン,姉さんだよ!覚えてる?もっといろいろお手伝いしたかったけどためらってしまってた愚かな姉さんが君とおばあさんを通して愛情を学び家族愛を学んだよ。君をきっと探したいけど知っていることがとてもないのさ。姉さんは今もここで働いているからおばあさんと一緒にかならずまた会えたらいいな」
이상회 님
[PR]
by hiroharuh | 2008-03-01 11:17 | 좋은 생각


韓国語学習をゆっくり地道にやっています。


by hiroharuh

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
どうでもいいことだ
文法学習だ
どう違う?
ぜひ覚えたい!
오늘 공부
너하고 친구하고 싶다
뉴스로 배우는 한국말
同音異義語
多義語
月曜日初級講座
にわか雨(소나기)
한국어로 말합시다
아침 편지
韓国語能力試験中級学習
韓国語能力試験高級学習
ハングル検定2級学習
慣用句(관용어)
副詞だ~부사이다~
火曜日学習会
KJから学ぶ
韓作文学習
八木さきさんの좋아요!한국
좋은 생각
韓国語小説読書中!
映画から学ぶ韓国語
漢字成語
韓国語初級文法
받아쓰기
한글일기
ラジオハングル講座
일본어교실
今日の擬声態語
上級への道(トレーニングノート)
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 10月
2012年 12月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
more...

記事ランキング

その他のジャンル