<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

노루웨이의 숲으로부터 배우는 단어들.

안몸 裸 안몸인 그녀의 어깨를 바라보고 있다. 裸の彼女の肩をながめている。
일그러지다 ゆがむ 형체가 일그러진 생일 케이크가 절반쯤 남아 있었다. 形(形体)の崩れた誕生日ケーキが半分ほど残っていた。

시일 日 가까운 시일 내에 전화해주기 바란다. 近いうちに電話してくれることを願う
감싸다 覆いかぶせる 손으로 부드럽게 젖가슴을 감쌌다. 手でやさしく胸に覆いかぶせた
영문 わけ,理由 그래서 나는 도대체 어떻게 된 것인지 영문을 알 수 없게 되어버렸다.
だから僕はいったいどうなっているのかわけがわからなくなってしまった。
여태껏 今まで,今になって 나는 여태껏 기즈키와 나오코가 같이 잤을 거라고 생각했기 때문이다.
僕はキズキと直子は寝たのだと思っていたためだ。

깊숙하다 奥深い 깊숙한 곳까지 넣은 채 奥深いところまで入れたまま
신음 소리 うめき声 내 몸을 힘껏 껴안으면서 신음 소리를 냈다. 僕の体を抱きしめながらうめき声を上げた

애절하다 とても悲しい,切ない 가장 애절한 소리였다. もっとも切ない声だった。
한숨 一睡,一眠り,ためいき 한숨도 못 자고 一睡もできずに

더듬다 手探りする,どもる,つかえる 어둠 속에서 말없이 서로의 몸을 더듬었다. 暗い中で言葉なくお互いに体を探った
걷잡을 수 없다 手の施しようがない
걷잡을 수 없는 정도로 手の施しようがないくらいに

발가벗다 裸になる 우리는 발가벗었지만 춥다고 느끼지 않았다. 僕たちは裸になっていたが寒いとは感じなかった。

손을 뻗다 手を差し出す,伸ばす 나는 가만히 손을 뻗고 그녀의 어깨에 갖다 댔다. 僕は黙って手を伸ばして彼女の肩を抱いた。
잔잔하다 静かだ 부들부들 ぶるぶる,わなわな 그녀의 어깨는 잔잔하게 부들부들 떨리고 있었다.
彼女の肩は静かにぶるぶると震えていた。

이내 すぐ,まもなく 그녀는 한순간 입을 다물었지만 이내 뒷이야기를 시작했다. 彼女は一瞬口を閉じだがすぐに話を始めた。
마저 一つも残さず,全部 나는 남아 있던 와인을 마저 마셨다. 僕は残っていたワインを全て飲み干した。
줄곧 ひっきりなしに 나는 그녀가 줄곧 떠드는 대로 내버려두었다. 僕は彼女がひっきりなしに騒ぐままほっといた。

눈물이 뺨을 탔다. 涙がほおを伝わる。 틈을 타서 그녀의 이야기에 끼어들었다. すき間を割って彼女の話に差し込んだ。

차츰 だんだん,次第に =서서히 徐々に,おもむろに
차츰 의식하기 시작했다. しだいに意識し始めた。
맞장구를 치다 あいづちを打つ

사뭇 いかにも,まったく 사뭇 기쁜 듯이 벙긋 웃었다. いかにも嬉しそうににっこりと笑った。
웃음보를 터뜨리다 笑いこける,噴き出す

양초 ろうそく 성냥을 긋다 マッチをこする
성냥 マッチ 준비한 조그마한 양초를 스무 개를 꽂고 성냥을 그어 불을 붙인 후
準備した小さいろうそくを20本差してマッチをすって火をつけた後
학수고대하다 首を長くして待ちわびる 그녀는 그것을 학수고대하고 있었다. 彼女はそれを首を長くして待っていた。

노릇 出来事,こと 
꼬박 きちんと,ぶっ通し 그러나 열은 꼬박 하루 동안 내리지 않았다. しかし熱はぶっ通し一日中下がらなかった。
대꾸하다 口答えする 나는 화가 나서 대꾸했다. 僕は頭に来て口答えした。
번번이 いつも,毎度
눌러않다 とどまる 결국 그대로 도쿄에 눌러않아 있었다. 結局そのまま東京へとどまった。

손수 뜬 털장갑 手編みの毛糸の手袋
하기야 もっとも,実のところ 하기야 나가사와로선 그런 건 아무래도 상관없었다. もっとも長沢としてはそんなことはどうしたって関係なかった。
[PR]
by hiroharuh | 2009-10-29 23:25 | 韓国語小説読書中!

무지게가 서다

무지게가 서다 虹がたつ(出る)
일곱색의 무지게 7色の虹
무지게색은 빨주노초파남보입니다.
虹の色は赤だいだい黄緑青藍紫です。

빨간색 주황섹 노란색 초록색 파란색 남색 보라색
b0119425_21435975.jpg

b0119425_21442075.jpg

[PR]
by hiroharuh | 2009-10-26 21:44 | ぜひ覚えたい!

노르웨이의 숲에서

■부사

자못 思ったよりずっと,とても
그는 자못 기쁜 듯이 싱글벙글 웃고 있었다. 彼はとてもうれしそうににこにこ笑っていた。
간간이 まばらに,ままに,所々に
간간이 들리는 소문 ままに耳にするうわさ
지극히 この上なく,限りなく
그 자식은 부모님을 지극히 사랑한다. あの子は両親のことをこの上なく愛する。
우뚝 ひときわ高くそびえている様子 
그럭저럭 どうにかこうにか,どうにか 그럭저럭 살고 있다. どうにか暮らしている
단숨에 一気に,一息に 단숨에 언덕을 뛰어 올랐다. 一気に丘を駆け上がった。
시시각각 刻一刻 시시각각 위험이 닥쳐온다. 刻一刻と危険が迫ってくる。
방긋 にっこりと,にこやかに 방긋 웃었다. にこやかに笑った。
맙소사 なんてこった,ひどいさま
덕지덕지 べたべた,べっとりと 때가 덕지덕지 끼었다 垢がべっとりとついている
끼얹다 水などを浴びせる,降り注ぐ
개중에 数ある中,大勢の中 개중에 자네가 제일이지. 中でも君が一番だよ。
극히 とても,きわめて 극히 위험한 발상이다. 極めて危険な発想だ。

■명사

자국 跡,痕跡 그 사람이 지나간 자국이 있었다. その人の通った跡があった。
이면 内幕(裏面) 그 이면은 잘 모르겠다. その内幕はよくわからない。
가지각색 色とりどり,さまざま 가지각색의 풍선 色とりどりの風船
붙박이 선반 備え付けの棚 붙박이 창 はめころしの窓
곰팡 かび 곰팡이 피다 カビが生える
코털 鼻毛 

■동사,형용사

수상쩍다 どうも怪しい 수상하다 怪しい,疑わしい
기다랗다 思ったより長い 기다란 얼굴 面長の顔
풍기다 (匂いや雰囲気)漂う,漂わす,放つ 향수 냄새를 물씬 풍기며 지나갔다. 香水の匂いをぷんぷんさせながら通り過ぎた。
세상 물정 모른다 世情にうとい 물정에 아주 밝은 사람 世情にとても明るい人
속삭이 다 ささやく,ひそひそと話す 둘은 산책하면서 서로 사랑을 속삭였다. 二人は散歩しながら愛をささやき合った。
흥얼거리다 しきりにつぶやく,ぶつぶつと言う 
들썩이다 上下に動く,そわそわする,うきうきする
그 소식에 내 가슴이 들썩였다. その便りに僕の胸は躍った。
물이 끓자 주전자 뚜껑이 들썩이기 시작했다. 湯が沸くとやかんの蓋がかたかたとし始めた。
말더듬 どもる
벌거벗다 裸になる,脱ぐ 아이들이 벌거벗고 헤엄을 치고 있다. 子供達が裸で泳いでいる。
내키다 気が向く,気乗りする 내키지 않는 밥을 억지로 먹어서는 안 된다. 食べたくないご飯を無理して食べてはだめだ。
쑤시다 うずく,差し込む 벌집을 쑤셔 놓은 것 같다. 蜂の巣をつついたようだ。
(雰囲気を)引っかき回す  이가 쑤신다 歯がうずく
[PR]
by hiroharuh | 2009-10-24 19:05 | 韓国語小説読書中!

노르웨이의 숲-무라가미 하루키

사람이 사람을 사랑한다는 것의 의미를 한국의 독자 여러분과 생각하고 싶습니다.

나온 단어들.

고비 峠,絶頂,やま,クライマックス,最高潮
멀미나다 嫌気がさす,乗り物酔いする
요동치다 揺れ動く 잠잠하다 とても静かだ,しんとしている
뒤흔들리다 激しく揺れる 뒤흔들다 激しく揺する
잠기다 浸かる,かかる 잠그다 浸ける,かける

어언 いつの間にか 어언간 の縮約形
줄곧 ずっと,ひっきりなしに 옷가지 衣類 선반 棚 선반에서 떨어진 떡 棚からぼた餅
사로잡히다 とらわれる,ある感情に駆られる 맞서다 直面する,向かい合う
두툼하다 分厚い,厚ぼったい 비구름 雨雲 싸늘하다 冷たい,冷え冷えとしている
물들이다 そまる 깃발 旗,主張,スローガン 감미롭다 甘美だ
 
몸을 웅크리다 体をすくめる,しゃがむ,ちじこまる
생긋 にこっと,にっこりと微笑むようす 서글프다 もの悲しい,やるせない
고개를 끄덕이다 うなずく 훌쩍 ひょいと,ぴょんと 말끔히 きれいに,こざっぱりと,さっぱりと
선연하다 容姿があでやかだ 띠고 있다 帯びている
하늘가 空の果て 잡목림 雑木林 잎사귀 葉っぱ 사각사각 さくさくと 물끄러미 じっと,まじまじと
잔잔히 静かに 새빨갛다 真っ赤だ 흐릿하다 ぼんやりしている,ぼやけている 

머금다 口の中に入れる,含む 感情を抱く 
뻗다 手を差し出す 차분하다 落ち着いている,整然としている 매끄럽다 すべすべしている
귓불 耳たぶ 사마귀 ほくろ 영문 わけ,理由 세차다 力強い,激しい
응시하다 凝視する 얼핏 ちらっと,ふと 땅거미 たそがれ,夕暮れ

걷어차다 蹴飛ばす 공허하다 空虚だ,むなしい 빠끔하다 穴がぽっかり空いている
지름 直径 바지름 半径 교묘하다 巧妙だ 목책 木の柵 돌담 石垣 가장자리 端,ふち,へり
희끄무레하다 白みががかっている 금 ひび,割れ目,裂け目 도마뱀 トカゲ
[PR]
by hiroharuh | 2009-10-14 23:23 | 韓国語小説読書中!

한자어 학습

오늘은 날씨가 참 좋았다.일본어로 아키바레라고 하는데 나는 집에 주변을 산책하면서 커피숖에 들러서 한자어 공부를 했다.기분이 참 좋은 날이었다.

먼저 발음 공부.
성격 性格 →성껵
정가 定価 →정까
철도 鉄道 →철또

다음 한자어.

軽率 → 경솔
協力 → 협력(혐녁)
不在 → 부재 存在 존재
不快 → 불쾌 愉快 유쾌
痕跡 → 흔적
落葉 → 낙엽
類似 → 유사 類似点 유사점

特徴 특징
成立 성립
切実 절실
税金 세금
概念 개념 개
休憩 휴게 게
裁判 재판 재
祝祭 축제 제

짚이다 思い当たる 짚다 (杖,手)つく,脈を取る,見当する
何か思い当たるところがあるかい? 뭔가 짚이는 데가 있어?
思い当たるところがあって彼に思い切って聞いてみた。 짚이는 바가 있어서 그 사람에게 큰마음 먹고 물어봤다.

한글 작문 2 개.
(녹이다)
砂糖をよく溶かしてお飲みください。 설탕을 잘 녹여서 드세요.
(어지럽히다)
雰囲気を乱す人は許せません。 분위기를 어지럽히는 사람은 용서하지 못 합니다.
어지럽다 めまいがする,気ぜわしい,乱れている,雑然としている
[PR]
by hiroharuh | 2009-10-12 18:53 | 오늘 공부

台風一過,さわやかな土曜日

절제

원래 과식하면
위 점막이 엉망이 돼 늘 배가 고픈 법이다.
그 증거로 시험삼아 반달 정도 식사량을 반으로 줄여보라.
언뜻 생각하기에 허기져서 도저히 못 견딜 것 같지만
오히려 위 점막이 회복되어 공복감이
말끔히 사라진다.

節制

元来食べ過ぎると胃の粘膜が散々になりいつもお腹が空くものだ。
その証拠に試しに半月ほど食べる量を半分に減らしてみなさい
ちょっとばかりは飢えて気力が尽き到底我慢できないようではあるけれど
却って胃の粘膜が回復され空腹感がすっかりとなくなります。

위 점막을 크게 손상시킨다고 합니다.
장을 청소하는 좋은 방법은 소식(小食)입니다.
소식으로 장이 깨끗해지면 면역력이 높아집니다.
우리의 삶도 마찬가지로 '절제'가 필요합니다.
절제가 우리의 몸과 마음을 건강하게 하고
우리의 영혼도 깨끗하게 합니다.

胃の粘膜を大きく損傷させると言います。
腸を掃除するよい方法は小食です。
小食で腸がきれいになり免疫力が高くなります。
私たちの人生も同じで節制が必要です。
節制が私たちの体と心を健全にして私たちの魂も清らかになります。

節制...食べる節制,言動や人とのつき合いの中で大切な言葉です。節制,肝に銘じて置こう。(hiroharuh)
[PR]
by hiroharuh | 2009-10-10 09:46 | 아침 편지


韓国語学習をゆっくり地道にやっています。


by hiroharuh

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
どうでもいいことだ
文法学習だ
どう違う?
ぜひ覚えたい!
오늘 공부
너하고 친구하고 싶다
뉴스로 배우는 한국말
同音異義語
多義語
月曜日初級講座
にわか雨(소나기)
한국어로 말합시다
아침 편지
韓国語能力試験中級学習
韓国語能力試験高級学習
ハングル検定2級学習
慣用句(관용어)
副詞だ~부사이다~
火曜日学習会
KJから学ぶ
韓作文学習
八木さきさんの좋아요!한국
좋은 생각
韓国語小説読書中!
映画から学ぶ韓国語
漢字成語
韓国語初級文法
받아쓰기
한글일기
ラジオハングル講座
일본어교실
今日の擬声態語
上級への道(トレーニングノート)
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 10月
2012年 12月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
more...

記事ランキング

その他のジャンル