母音調和による不規則活用についてまとめる

母音調和による不規則活用をまとめてみました。韓国語初級学習者にとっては頭を悩ませるものです。早い時期にしっかり身につけたいです。

母音調和
韓国語に於いての母音調和とは用言(動詞、形容詞、存在詞)の活用において으,아,어などのいわゆる無声子音(이응)が続き、それに影響し用言の活用が変わることをいいます。
陽母音調和、陰母音調和などがあります。

したがって、語基で説明すれば、Ⅰ語基では母音調和はなく、母音調和するのはⅡ語基とⅢ語基に於いてである。


ㅂ不規則活用(変則活用ともいう)

춥다 寒い

Ⅱ語基  ㅂ→우 に変わり 추우 になる。さらにⅡ語基の特徴である으は付かない。

寒ければ 추우면 寒いので 추우니까 となる。

Ⅲ語基 ㅂ→우 に変わり、さらに陽母音には아、陰母音には어を続ける。
例の場合は 추워 になる。
ただし 動詞の「手伝う 돕다」 と形容詞の「きれい 곱다」 の2つはⅢ語基にのみ於いて
ㅂ→오に変わり、それぞれ 도와 と 고와 になる。
その他全てのㅂ不規則用言は 추워 のように 우어=워になる。

ただし、上記の不規則が適用されない用言をㅂ規則用言(あえてㅂを入れる必要はないが)といい、規則的な活用をする。

例 입다 洋服などを着る、ズボンをはく など

Ⅱ語基 입으
Ⅲ語基 입어

規則用言か不規則用言かについての明確な決まりはないので、学習者は用言ひとつひとつについて、規則か不規則かを覚える必要があるが、ある程度の判断指針としてㅂについてだけ以下の様なことは言える。

ㅂ語幹の形容詞において、狭い 좁다  曲がっている、かじかむ 곱다 はじらう 수줍다 は規則であり、これ以外の形容詞は全て不規則用言である。
動詞についてはひとつひとつ하나씩覚えましょう。

ㄷ不規則活用(ㄷ変則活用ともいう)

듣다 聞く

Ⅱ語基 ㄷ→ㄹに変わる。 들+으
聞けば 들으면   聞くので 들으니까

Ⅲ語基 ㄷ→ㄹに変わる。 들+아/어
聞くので 들어서 聞きます 들어요. 聞きました 들었어요.

ㄷ不規則は難しくなく単純にㄷをㄹに変化すればいいが、このㄷにも規則用言と不規則用言があるので、これも用言ひとつひとつを覚えるしか方法はないようだ。

ㄷ規則の例

받다 もらう、受ける

Ⅱ語基 받으
Ⅲ語基 받아

ㄷ不規則のⅡ語基の場合 聞けば 들으면 などは ㄹと으が続いているので、この用言の辞書形は 듣다であることがわかります。
なぜなら、ㄹ語幹は으とは連続しないからです。 手に持つ 들다 の場合 持てば は 들면となります。(ㄹ語幹については ここ を参照ください。)

으不規則活用(으変則活用ともいう)

으不規則の場合、変化するのはⅢ語気に於いてのみです。

忙しい 바쁘다

Ⅱ語基 特に変化なし 바쁘 + 면 → 바쁘면 忙しければ
忙しいから 바쁘니까

Ⅲ語基 으を脱落して、ひとつ前の語幹の母音を対象に陽母音か陰母音かを調和させる
바ㅃ + 아 (この場合바のㅏが対象になる) → 바빠
忙しいので 바빠서 忙しいです 바빠요. 忙しかったです。 바빴어요.

一文字語幹の場合
大きい 크다 や 使う、書くなどの 쓰다 の場合はそれぞれ으を脱落すると、前の語幹がなく母音がどこにもありません。この場合は陰母音と判断し어を付けることにする。
それぞれ 大きいです 커요 使います、書きます は 써요 となります。

ㅅ不規則活用(ㅅ変則活用とも言う)

病気が治る 낫다

Ⅱ語基 ㅅを脱落させる 나 + 으면
治れば 나으면 治るので 나으니까

Ⅲ語基 ㅅを脱落させる 나 + 아/어
治るので 나아서 治ります 나아요 治りました 나았어요

ㅅ用言も規則用言と不規則用言があり、これも他の用言同様にひとつひとつ覚えて行くしか道はないようである。

ㅅ規則活用

웃다 笑う

Ⅱ語基 笑えば 웃으면  笑うから 웃으니까
Ⅲ語基 笑うので 웃어서 笑います 웃어요 笑いました 웃었어요

このㅅ変則活用に於いても以下のことがわかります。
治れば の 나으면 の場合や 治ります 나아요 などのように母音に으が続くことは不規則活用以外にありえないことなので、自動的にㅅ変則活用であることがわかり、用言の辞書形は낫다であることがわかります。


ㅎ不規則活用(ㅎ変則活用とも言う)

赤い 빨갛다

Ⅱ語基 ㅎは脱落し、結果母音語幹と見なされ 으は付かない
赤ければ 빨가면 赤いので 삘가니까

Ⅲ語基 ㅎは脱落し、陽母音、陰母音にかかわらず、이がつきます。
赤いので 빨개서 赤いです 빨개요  赤かったです 빨갰어요

ㅎ用言には規則もありますが、その数は少ないです。そもそもㅎ語幹自体が少ないですから。

ㅎ規則用言
よい 좋다
Ⅱ語基 良ければ 좋으면  良いので 좋으니까
Ⅲ語基 良いので  좋아서 良いです 좋아요 良かったです 좋았어요

ㅎ変格に属する用言は全て形容詞であり,語幹が ㅎ で終わる形容詞は 좋다 ‘よい’を除いてみなㅎ変格に属する。
主に色彩を表す形容詞,指示詞の形容詞がㅎ変格の単語である。
하얗다 ‘白い’のように語幹末母音が半母音 ㅑ を伴っている場合,第III語基は -ㅐ- でなく -ㅒ- に交替する。


그렇다 ‘そうだ’,까맣다 ‘黒い’,노랗다 ‘黄色い’,빨갛다 ‘赤い’,어떻다 ‘どうだ’,이렇다 ‘こうだ’,저렇다 ‘ああだ’,파랗다 ‘青い’,하얗다 ‘白い’ など

르不規則活用(르変則活用ともいう)

知らない、わからない 모르다

르不規則はⅡ語基は変化なし、Ⅲ語基が比較的ダイナミックに変化します。

Ⅱ語基 変化なし 通常母音語幹扱い 모르 したがって으はつきません

Ⅲ語基 르 → ㄹㄹ + 아/어 がつきます。몰ㄹ + 아
結果 몰라 になります。

知らないので 몰라서 知らないです 몰라요 知らなかったです 몰랐어요
となります。

ところで르語幹で終わるものが全て르不規則活用するとは限りません。
르語幹はいわば前述の으語幹の要素もあるわけで、中には으不規則するものもあります。
また르語幹には後述する 러不規則も存在します。
ですから르語幹で終わる用言でもひとつひとつ確認を取る必要はありまます。

르語幹でありながら으不規則するもの
ついていく、追う 따르다 や 立ち寄る 들르다
Ⅲ語基 それぞれ 따라  と 들러 になります。

르語幹でありながら러不規則するもの
着く、到着する、至る 이르다
Ⅲ語基 이르러 になります。(これは後述します。)

러不規則活用(러変則活用ともいう)

着く、到着する、至る 이르다

Ⅱ語基 特に変化しません 母音扱い 이르

Ⅲ語基 르はそのままで 러が追加されます。 이르 + 러
結果 着くので 이르러서 着きます 이르러요  着きました 이르렀어요

語幹が 르 で終わる母音語幹用言の大多数は르変格に属し,러変格に属するものは極めて少数である。
また,語幹が 르 で終わる母音語幹用言のごく一部は正格用言である으語幹に属する。

러変格の用言:누르다 ‘黄色い’,이르다 ‘至る’,푸르다 ‘青い’ など
ただし,누르다 ‘押す’,이르다 ‘早い’は르変格である。

ㄹ不規則活用 

これについては ここ を参照ください。

初級の段階でしっかり自分のものにしましょう。
[PR]
by hiroharuh | 2008-02-06 11:16 | 文法学習だ


韓国語学習をゆっくり地道にやっています。


by hiroharuh

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
どうでもいいことだ
文法学習だ
どう違う?
ぜひ覚えたい!
오늘 공부
너하고 친구하고 싶다
뉴스로 배우는 한국말
同音異義語
多義語
月曜日初級講座
にわか雨(소나기)
한국어로 말합시다
아침 편지
韓国語能力試験中級学習
韓国語能力試験高級学習
ハングル検定2級学習
慣用句(관용어)
副詞だ~부사이다~
火曜日学習会
KJから学ぶ
韓作文学習
八木さきさんの좋아요!한국
좋은 생각
韓国語小説読書中!
映画から学ぶ韓国語
漢字成語
韓国語初級文法
받아쓰기
한글일기
ラジオハングル講座
일본어교실
今日の擬声態語
上級への道(トレーニングノート)
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 10月
2012年 12月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
more...

記事ランキング

その他のジャンル