間違韓国語表現100から学ぶ韓国語

問題

1)課長がね,家から会社まで何分ぐらいかかるかって。

2)この重さだと韓国までいくらぐらいかかりますか?

3)枝の先端にカラスがとまっている。

4)先端技術の導入によって生産量が飛躍的に伸びた。

5)このボタンを押せば中にいる人が応対してくれます。

6)ミンギの言うことは本当であったためしがない。

7)うっかり石につまづいて倒れた。

8)金先生が過労でお倒れになったそうだ。

9)へぇ,これはいいことを聞いた。


1) 과장님 그러시는데(과장님 물으시는데,과장님 말인데) 집에서 회사까지 몇 분쯤(몇 분정도) 걸리느냬.

2) 이 무게라면 한국까지 얼마나 들어요?

電話,時間,心 → 걸리다が多く使われるが,橋がかかる とか 費用がかかる,迷惑がかかる などは別の用語を使わなければならない。

参考 ■ かかる

時間がかかる 시간이 걸리다.
お金がかかる 돈이 들다. 
迷惑がかかる 펴를 끼치다. 펴가 되다. 
끼치다 迷惑をかける
橋がかかる 다리가 놓이다. 置かれる

手がかかる 손이 가다.
医者にかかる 의사에 진찰을 받다.(보이다) 
받다 受ける,보이다 見せる
その問題が会議にかかる 그 문제가 회의에 오르다. 
오르다 上がる

この建物には保険がかかっている 이 건물에는 보험이 붙어 있다. 
붙다 つく,張り付く
電話がかかってきた 전화가 걸려 왔다.

いま,鍋がかかっていますから 지금 냄비가 얹혀 있으니까. 
얹히다 のせられる

よくアイロンがかかった洋服 잘 다려진 옷.
다리다 アイロンをかける
鍵がかかった部屋 자물쇠가 잠긴 방.
잠기다 閉まる,閉ざされる,錠などがかかる
鼻にかかった声 코 멘 소리.
메다 塞がる,詰まる

3) 나뭇가지 끝에 까마귀가 앉아 있다.

とまるについて,車両については서다や멈추다を使うが,鳥がとまっているは앉다すわるを使わなければならない。

4) 첨단 기술의 도입으로 인해 생산량이 비약적으로 늘었다.

原因を示す~によっては(으)로 인해を使う。~的には必ず적으로になる。

5) 이 단추를 누르면 안에 있는 사람이 응답해 줍니다.

韓国語では押される対象が固定されていて場所が移動しない場合の押すは누르다を使い,押される対象が移動する場合は밀다を使います。中は広い空間の中の場合は안を用い,狭い空間の場合は속を使います。ただし広い空間でも奥を表す場合は속を用いる。동굴 속에.

6) 민기가 하는 말이 지금까지 한 번도 정말인 적 없었다.

言うことは を 하는 것은 ではなく 하는 말이にするのが自然だ。今まで一度もなどを入れることも重要な要素だ。また~したためしがないは~したことがないに替えて,적/일이 없다にし,この場合は用言の場合は過去連体形にするのだが,本当であったは指定詞である이다を使い정말인にする必要がある。

7) 깜빡 실수로 (멍하게 있다가 )돌에 걸려서 넘어졌다.

うっかりを깜빡해서 にするとうっかり忘れてのニュアンスになるのでこの場合は깜빡 실수로にしなければならない。멍하게 있다가はぼんやりしてたらの意味になる。倒れるは物理的に倒れる,転ぶは넘어지다を,病気などで倒れる場合は쓰러지다を用いる。

8) 김 선생님이 과로로 쓰러지셨대.

과로 때문에もOK。

9) 그래? 그거 괜찮겠는데.

へぇは그래が適切だと思う。これはは相手の話を聞いた場合のことなので이거は不自然であり,この場合は그거が適切だ。좋은 얘기 들었네.いい話を聞いたね。もいいけど,やや不自然な感じになるので役にたつ,いいねのように意訳する方がよいので괜찮다を使う。
[PR]
by hiroharuh | 2007-08-03 21:53 | 文法学習だ


韓国語学習をゆっくり地道にやっています。


by hiroharuh

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
どうでもいいことだ
文法学習だ
どう違う?
ぜひ覚えたい!
오늘 공부
너하고 친구하고 싶다
뉴스로 배우는 한국말
同音異義語
多義語
月曜日初級講座
にわか雨(소나기)
한국어로 말합시다
아침 편지
韓国語能力試験中級学習
韓国語能力試験高級学習
ハングル検定2級学習
慣用句(관용어)
副詞だ~부사이다~
火曜日学習会
KJから学ぶ
韓作文学習
八木さきさんの좋아요!한국
좋은 생각
韓国語小説読書中!
映画から学ぶ韓国語
漢字成語
韓国語初級文法
받아쓰기
한글일기
ラジオハングル講座
일본어교실
今日の擬声態語
上級への道(トレーニングノート)
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 10月
2012年 12月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
more...

記事ランキング

その他のジャンル