아/어/여서 と 고の復習 と 練習問題をして見る

2007/01/10
아/어/여서 と 고の復習
■ 아래 두 문장을 한 문장으로 고쳐 주세요.

1) 여름은 덥습니다. 겨울은 춥습니다.

2) 어머니는 일하십니다. 아기는 잡니다.

3) 백화점의 물건 값은 비쌉니다. 시장은 쌉니다.

4) 이를 닦으십시오. 주무십시오.

5) 손을 씻습니다. 밥을 먹어야 합니다.

6) 수업이 끈나겠습니다. 은행에 가겠습니다.

7) 동대문 시장에 갑니다. 생선을 사려고 합니다.

8) 안으로 들어가십시오. 기다리십시오.

9) 버스에서 내리십시오. 지나가는 사람에게 물어 보세요.

10) 버스에서 앉습니다. 책을 읽습니다.

11) 저는 음식을 만듭니다. 먹습니다.

12) 아침에 일어납니다. 운동을 합니다.

13) 우표를 삽니다. 붙여야 합니다.

14) 자장면을 시킵니다. 먹습니다.

15) 가방을 듭니다. 학교에 옵니다.

16) 신발을 신습니다. 방에 들어오면 안 됩니다.

17) 넥타이를 맵니다. 회사에 가야 합니다.

18) 잠옷을 입습니다. 잡니다.

19) 버스를 탑니다. 학교에 다닙니다.

20) 도서과에서 책을 빌립니다. 읽었습니다.


--------------------------------------------------------------------------------

정답은 아래 쓰이는 대로 입니다.

1)~6)、15)~19) → 고
残りは 아/어/여서 です。

--------------------------------------------------------------------------------


해설 解説

1)~6) は並記

7)~8) は関連並記(前節と後説が関連している)

9)については 내리다 と言う動詞はその性質上아/어/여서 を必ず使う。~から降りて~する という表現は まず~から降りなければ次の行為ができないためである。韓国語学習者の多くが間違えるようです。 내려서 の形のままで覚える方がいいのかも知れません。

10)~11) は関連並記

12)について 일러나다 起きる、起きあがる という動詞も、韓国語学習者がよく間違えるひとつのようです。
たとえば、次の文章を韓国語にしてみましょう。
「朝起きて歯を磨いて顔を洗って会社に行きます。」
これをほとんどの学習者は 아침에 일어나고 이를 닦고 세수하고 회사에 갑니다. と作るようです。
これは間違いで、아침에 일어나서 にしなければならないようです。
この 일어나다 とい動詞についても、起きてから~する ということになり、まず 起きてから ということになり必ず 일어나서 の形になるようです。
これもこのまま覚えてしまう方がよいようです。

13)~14) 関連並記

15)~18) については、体に身につけてから~する という 体に身につける動詞を使う場合は 고になるそうです。
この体に身につける動詞のことを 부착동사 付着動詞 と言うようです。
手袋をして~
指輪をはめて~
マウラーをして~ がすべてこれにあたります。
但し、この前節の行為が理由になる場合は 아/어/여서 になるようです。
たとえば、新しいネクタイをしたので、首が痛い などの場合です。

19)についての 交通手段動詞を使う場合は 고 になるようです。
バスに乗って~
飛行機に乗って~
自転車にのって~
ただし、これも何かに乗ったために の理由として表現する場合は 아/어/여서 になるようですので、注意が必要です。

20)は関連並記です。

参考として 春川のCCアカデミーで学んだ もご覧下さい。
[PR]
by hiroharuh | 2007-08-01 19:11 | 文法学習だ


韓国語学習をゆっくり地道にやっています。


by hiroharuh

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
どうでもいいことだ
文法学習だ
どう違う?
ぜひ覚えたい!
오늘 공부
너하고 친구하고 싶다
뉴스로 배우는 한국말
同音異義語
多義語
月曜日初級講座
にわか雨(소나기)
한국어로 말합시다
아침 편지
韓国語能力試験中級学習
韓国語能力試験高級学習
ハングル検定2級学習
慣用句(관용어)
副詞だ~부사이다~
火曜日学習会
KJから学ぶ
韓作文学習
八木さきさんの좋아요!한국
좋은 생각
韓国語小説読書中!
映画から学ぶ韓国語
漢字成語
韓国語初級文法
받아쓰기
한글일기
ラジオハングル講座
일본어교실
今日の擬声態語
上級への道(トレーニングノート)
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 10月
2012年 12月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
more...

記事ランキング

その他のジャンル