노르웨이의 숲으로부터 배우는 단어들.

제6장

사감실 管理室(舎監室) 대합실 待合室(待合室)

글자그대로 文字通り
때우다 済ます,間に合わせる 때다 間に合う
가장 빠른 히카리호에 글자그대로 뛰어올라 타고는 뜨거운 커피와 센드위치로 아침을 때웠다.
一番早いひかり号に文字通り飛び乗り熱いコーヒーとサンドイッチを朝食がわりにした。

꾸벅꾸벅 うとうと
그리고 한 시간쯤 꾸벅꾸벅 졸았다. そしてうとうとと1時間ほど眠った。

뜸하다 まばらだ 뜸해지다 まばらになる
공터 空き地 기와지붕 瓦屋根

북쪽으로 가면 갈수록 거리의 집들이 뜸해지고 밭과 공터가 눈에 띄었다.
검은 기와지붕과 비닐하우스들이 초가을의 햇살을 받으며 눈부시게 반짝거리고 있었다.
北の方に行けば行くほど道路わきの家がまばらになり畑と空き地が目についた。
黒い瓦屋根とビニールハウスが初秋の日差しを受けながらまぶしく光っていた。

서늘하다 ひんやりしている,涼しい
버스는 갑자기 서늘한 삼나무슾 속으로 들어섰다. バスは急にひんやりとした杉林の中に入っていった。

살갗 肌,皮膚
습기가 살갗을 따갑게 했다. 湿気が肌を痛くさせた。 살갗이 검게 탔다. 肌が黒く焼けた。

가까스로 やっとのことで
온 세계가 영원히 사남무숲으로 뒤덮어버린 게 아닌가 하고 느껴질 무렵에야 가까스로 숲이 끝났다.
全ての世界が永遠に杉林で覆われてしまったのでないかと感じられるころになってようやく森を抜けた。

장작 薪(まき),たきぎ 처마 軒 처마끝 軒先
장작을 패다 薪を割る
집 앞에는 장작이 처마 밑까지 싸여 있었다. 家の前には薪が軒の下まで積まれていた。

멎다 (動いていたものが)止まる,(雪や雨が)やむ
소나기가 멎었다 夕立か止む
마을에서 버스가 멎을 때마다 몇 사람인가 승객이 내렸다.
村でバスが止まるたびに何人かの乗客がバスを降りた。

다다르다 到達する,たどりつく,至る
전망이 탁 트인 고갯마루에 다다르자 운전기사는 거기서 차를 세웠다.
展望がぱぁと開かれた峠にたどりつくと運転手はそこにバスを止めた。

저만치 少し離れたところに,そこらへんに
정류장 표지만이 덩그러니 서 있는 옆에 작은 냇물이 흐르고 저만치 등산로의 입구가 보일 뿐이었다.
停留場の表示だけポツンと立っている横に小さな小川が流れていて少し離れたところに登山道の入口が見えるだけだった。

완만하다 穏やかだ(緩慢) 비탈길 坂道
완만한 비탈길을 15분쯤 올라가자 오른쪽으로 겨우 차 한 대가 지나갈 만한 갈림길이 하나 나왔다.
穏やかな坂道を15分ほど登って行くと右側にようやく車が一台すれ違うことができるくらいの別れ道がひとつ現れた。

팻말 立て札 패 札
아미료 관계자 외의 출입은 사절합니다라는 팻말이 세워져 있었다.
アミ寮関係者以外の出入りはお断りいたしますという立て札が立ててあった。

나지막하다 思ったより低い,案外低い
나지막한 목소리로 말했다. 低い声で話した。

다갈색 茶褐色
로비에 있는 다갈색 소파를 가리키며 저기 앉아서 기다려주세요 라고 말했다.
ロビーにある茶褐色のソファーを差してそこに座ってお待ちくださいと言った。

고상하다 高尚だ,上品だ 추상화 抽象画 윤 潤,つや
벽에는 고상한 추상화가 걸려있고 마루는 반짝반짝 윤이 나도록 잘 닦여 있었다.
壁には上品な抽象画が掛かっていて床はぴかぴかにつやが出るくらいよく磨かれていた。

줄곧 ひっきりなしに,ずっと,絶えず
줄곧 마루에 비친 내 구두를 바라보고 있었다.
ずっと床に写った自分の靴を見つめていた。

꼬다 (足)組む,(縄を)よる 비꼬다 皮肉る の縮約形
바로 내 옆자리에 앉으며 다리를 꼬았다. すぐ僕の横に足を組んで座った。
手を組む 젊은 남녀가 팔을 끼고 걸어가도 있다. 若い男女が腕を組んで歩いている。

제법 案外,わりあい,かなり,相当
얼굴에는 제법 주름이 많이 져 있었다. 顔には相当しわが出来ていた。

어수선하다 ごちゃごちゃしている 군데군데 あちこち
머리는 몹시 어수선하게 잘라 군데군데 뻗쳐 있고 頭はひどくごちゃごちゃに刈られてところどころ伸びていた

가냘프다 か弱い,弱々しい
가냘픈 목소리 弱々しい声 가냘픈 몸매 弱々しい体つき

짓궂다 意地悪だ
입술은 줄곧 짓궂게 한쪽으로 비틀어져 있었으며 눈가에 잡힌 주름은 가늘게 움직였다.
唇はいつも意地悪く一方に曲がっていて目元についたしわが細く動いた。

줄자로 치수를 재다 巻き尺で寸法(サイズ)を測る

모금 一口,一飲み,煙草一服
담배를 한 모금 빨다 煙草を一服吸う 빨다 吸う,なめる 別)洗う,洗濯する

철 シーズン
마치 철 지난 휴양지에 잇는 것 같은 기분이 들었다.
まるでシーズンが過ぎた保養所にいつような気分になった。

먹성 食べっぷり 쓰임성 使いっぷり

아랑곳하지 않다 知ったことではない
그녀는 내 질문을 아랑곳하지 않고 계속 말했다.
彼女は僕の質問を知ったことではないように話続けた。

발짝 歩く単位の 歩
7년 동안 여기서 한 발짝도 나가본 일이 없다. 7年の間ここから一歩も出たことがない。

퍽 すごく,非常に,随分
처음엔 퍽 곤란스런 상태여서 우리도 어떻게 될지 다소 걱정했다.
最初は随分混乱している状態だったので私たちもそうなるか少し心配した。

휘젓다 よくかき混ぜる,引っかき回す
스푼으로 다시 커피를 휘저은 후에 한 모금을 마셨다.
スプーンでもう一度コーヒーをかき混ぜたあと一口飲んだ。

웬만큼 そこそこに
우린 웬만큼 알 만한 건 다 알고 있다. 私たちはそこそこ知ることは全て知っている。

설사 たとえ,仮に
설사 무슨 일이 있었다 해도 かりに何があったとしても

감돌다 漂う
기묘한 분위기가 감도는 2층짜리 목조 주택이 불규칙하게 줄지어 있었다.
奇妙な雰囲気が漂う2階建ての木造住宅が不規則に建ち並んでいた。

산나물을 캐다 山菜を採る
[PR]
by hiroharuh | 2009-11-15 13:17 | 韓国語小説読書中!


韓国語学習をゆっくり地道にやっています。


by hiroharuh

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
どうでもいいことだ
文法学習だ
どう違う?
ぜひ覚えたい!
오늘 공부
너하고 친구하고 싶다
뉴스로 배우는 한국말
同音異義語
多義語
月曜日初級講座
にわか雨(소나기)
한국어로 말합시다
아침 편지
韓国語能力試験中級学習
韓国語能力試験高級学習
ハングル検定2級学習
慣用句(관용어)
副詞だ~부사이다~
火曜日学習会
KJから学ぶ
韓作文学習
八木さきさんの좋아요!한국
좋은 생각
韓国語小説読書中!
映画から学ぶ韓国語
漢字成語
韓国語初級文法
받아쓰기
한글일기
ラジオハングル講座
일본어교실
今日の擬声態語
上級への道(トレーニングノート)
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 10月
2012年 12月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
more...

記事ランキング

その他のジャンル